Home > 電化製品大好き

暮らしサポート‐大阪トマトサービス

トマトサービスは皆さんの暮らしをサポートするサービスの提供をしております。

電化製品大好き Archive

愛用のCanonプリンター(ip7100)が!

私はCanonのip7100ってプリンターを使っているのですが、突然電源が入らなくなってしまいました :cry:

かなり古い機種で8年くらい前(もっと?)のモデルだと思いますが、気にいってたんですよね。これの前はhp(ヒューレットパッカード)でした。

8年くらいと言っても実使用年数はもっと短いですね。買ってから箱に入ったまま2年くらい放置してましたからね。

中々に良い使い勝手で気にっていたんですが突然電源が切れましたね。故障です。今はランプすらつきません。

てなわけでとりあえず分解してみました。

キャノンプリンター(ip7100)分解

電化製品とか壊れると直せなくても、とりあえず分解はいつものことです。

写真右下の基盤が電源スイッチの基盤ですが、これは多分関係ないと思います。

ip7100内部基盤

一番怪しいのは↑の基盤ですね。

たぶんコレが壊れたのではないかと思います。

acアダプタ

次に怪しいのがこいつ。ACアダプターです。ip7100は本体に内蔵されてます。

acアダプター基盤

アダプターを分解したら中はこんな感じでした。

他にも小さな基盤とかはあるんですが、たぶん関係ないです。

基盤上のコンデンサーは見た感じ膨らんでるとか液漏れといった事は無いみたいですね。

さてどうしようかと思案中なんですよ。

新しいプリンターを買うにしても、ip7100は修理したいんですよね。

中古で電源の入る同じ機体を手に入れて基盤を交換するのが一番確実に直せる方法だとは思うんですけど、壊れた本体が確実に一つ出ます。部品とりの後の本体は電源は当然はいらないので部品取り用のジャンク品としても需要は皆無でしょうからなんだかな~と言った感じ。

そもそも、それで修理できても、どれくらい使えるかはわからんですよね。

駄目元でコンデンサーを交換して直ったら安上がりですしラッキーですけど日本橋行くのが面倒ですね。まぁ修理に失敗してもハンダでは遊べますけどね :lol:

プリンターは無くても他の印刷手段はありますから、ちょっと考えます。

修理を実行したらまたブログで書きます。


携帯電話のハンズフリーマイクの修理しました。

仕事用の携帯電話はハンズフリーで話せるようにするためにイヤホンマイクを使っています。

車で移動中などに電話が来ると電話に出れないため持っているわけです。

使っている携帯はとりあえず仕事で使うためにスタッフが貰ったauの古い機種(もうガラケーなんですかね?)です。本当は自分が前に使っていた携帯を使いたかったのですが、すでにヒンジ部分が壊れてしまっていたので譲ってもらったのです。

このイヤホンマイクなんですど壊れてしまったんですよね。

コネクタの根元部分の皮膜が破れて断線してしまって通話が出来ない。元々安い商品を楽天で買ったので新しいのを買おうかと思ってたんですが『直せばいいじゃん!』と思ったんですよね。

暫くやってなかったのでスッカリ忘れてましたが、簡単な半田付けなら道具も揃ってるし出来るんです。でもスッカリ忘れてました。

下の画像は既に直した後の写真です。途中の写真は撮り忘れちゃいました。

イヤホン修理

そんなに難しいことはやってません。

  1. 皮膜が破れた部分あたりをはさみでちょん切る
  2. コードの部分は再度半田付けするために皮膜を剥く
  3. コネクタ部分を分解してカバー部分を取り外す
  4. コネクタ部分に残ったコードを取って、残ったは綺麗に取り除く
  5. 再び半田付けしてカバーをかぶせる

だいたい以上のような流れです。

コネクタの付け根部分のバネみたいなゴム部品は本来はコードがすんなり通るように出来てるんですが製造段階でコードと接着してるようだったのでカッターで半分切れ込みを入れて作業終了時に接着剤で隙間を切った部分をくっ付けました。

とりあえず、携帯に取り付けて見たらイヤホンから音が聞こえたので、たぶん修理は成功したと思います。買わずに済んだので安く済みました。安物とはいえ半年くらいしかたってないので良かったです。

はんだの存在を思い出したところでスマホの充電器も壊れて放置されているので直そうと思いましたが手遅れでした。もう少し早く思い出していれば・・・

まぁ修理は楽しかったので良しとします。


カギ屋トマトの電話設定をしました。

今日はカギ屋トマトへのお問合せが着信するFAX電話の設定を弄りました。

電話というのは昔に比べて色々な機能を備えています。これは電話機に限ったことではないですが何がしたいかとか、どういう使い方が出来たらいいとかといった使用する上での目的などを自分の中で明確にしてから機器について調べ価格や機能を把握した上で妥協点や代替案などと絡めて最終的に機器を購入しなければなりません。

さて電話機ですがカギ屋トマトへは大阪はもちろん奈良京都からの着信があるわけですが単純に電話機として何処までの機能を求めるかは大いに悩みました。

FAX機能は必要か・・・子機は必要か・・・留守番電話機能ではどのような機能が備わっているかなど様々です。もちろん機能としては電話機だけでは不足するものもありますのでNTTとの契約にあたってオプションにどのようなものがあるかも徹底的に調べています。これはどちらかといえば順序としてはNTTのオプションが先で電話機でカバーできるかどうかを考えたわけですが、このようなことを突き詰めて考えていくことは非常に重要で自信の業務の効率化だけではなく、お電話をして下さるお客様の利便性の向上にも繋がりますので徹底的に調べます。

今回買ったFAX電話機は結構いいですね。満足しています。

今日は電話機の設定を弄ったが冒頭の出だしだったのですが、オリジナル留守番メッセージや音量の設定、外部機器との連動設定など一通り必要と思われる部分の設定をしていました。

説明書だけではピンとこない部分は設定によって機器がどのような挙動をするのかを個別に確認しながらやっていたので再設定を何度も繰り返しながら、とりあえず納得のいく状態に設定できたと思います。

今は携帯電話があるので固定電話の普及率は減っていると思いますけど改めて便利さに驚きますね。

 


1 / 212

ホーム > 電化製品大好き

Return to page top